サイト名: -艶ict-(アディクト)
管理人: Dai(ダイ)
連絡先: dai@add-ict.net
可愛いものがだいすきなオッサン。

Pixiv
イラストはこちらで公開中!

twitter
以前のアカウントは消し、鍵付きのゲーム用アカウントに移行しました。
リアル友人&TERA関係者のみ承認。

格闘ゲーム
体験版あります!制作は休止中です。

TERA
ミヤカのギルド「ユニコーン騎兵団」団員募集中です。



KOF対戦会
大体、毎週金曜日の夜、チャーリーさんと生放送でKOFなどの対戦を行っています。
お互いガチ勢では無いですが、SNKファン同士の
煽り合い 魂のぶつかり合いです。



過去のKOF13対戦会で活躍した(?)ネタカラーはこちら!
対戦会の様子(KOF14ver)→ プレイ中画像1 / プレイ中画像2

Daiのほしい物リスト
Amazon

【コメントはweb拍手にて受付中】
web拍手 by FC2


*日記*
2018年

12/17

【特別企画】ゲーミングルーターは普通のルーターとどこが違うのか?

うちの古いルーターでは、お風呂までWi-Fiが届かないのでルーターを買い換えたいのだけど…
コレすごいね。
TERAの回線が不安定なのもコレで解消する可能性が?
しかし、高い。



「NieR:Automata」,DLCやゲーム内アイテムなどを収録した“Game of the YoRHa Edition”が2019年2月21日に発売

えっ!やすっ!
ダークな世界観が好きで未プレイの方は是非。



SNK in COMIC MARKET

SNKロゴのアクキー、超欲しい…



日野晃博氏が堀井雄二氏に聞くシナリオ作りのコツ:CEDEC+KYUSHU 2018基調講演レポート

僕らの世代はほぼ全員ドラクエはやってるような時代だったけど、
若い世代はそうでもないのが悲しい。
古くからドラクエを知ってる日野さんも最高傑作だと推す、最新のドラクエ11(PS4)は本気で面白かった。
12にも期待。



『ドラクエの楽曲あるある』を140秒でまとめたゲーム音楽ガチ勢の解析動画がすげえ!

指摘されてる方のyoutubeチャンネルすごい。
ライブに聞き惚れる〜。



「草薙剣」が今も関門海峡に沈んでいるという事実

草薙の剣を祀った熱田神宮はロマン。
KOFファンなら行ってみるもよし。
(ただし、草薙の剣は誰も見ることは出来ない。)



昔の映画館は一度入場したら閉館までずっと映画館に居座れたって本当?

記憶が正しければ、
エヴァ旧劇場版、もののけ姫、スプリガンとかが劇場公開された時はまだ見れていたね。

もののけ姫は、公開直後に観に行って満席の大混雑。
まずは、友人らとは別々の場所にかろうじて確保できた隅っこの席で1回観て、
終わった後、観客が席を立った瞬間を狙って良い席を取り、友人らと席を固め2回目でしっかり鑑賞。
とかできた。

弊害としては、上映の途中で人の出入りがあったりして気が散る事かな。
エヴァ旧劇場版も2回観たけど、
2回目はアスカが食われるシーンが終わった後、もういいやーってなって席を立った(笑
その後の展開はもう付いていけなかったよね…。

かの鳥山明先生は、少年の頃、弁当を持って朝から映画館に入り浸っていたとか。
ドラゴンボールが映画の手法を漫画に落とし込んであるのもその影響か。
某人気漫画は絵は上手いのに状況が分かり辛いのを考えると、
そういう手法は漫画でも通ずるモノがあるのかと大変勉強になった…。

結局、昔の映画館スタイルが良いのか、
今のスタイルが良いのかと言うと、今の方が安心して観れるから良いとは思うけど…
1回目は画を見て、2回目はシナリオを追う、などという見方ができなくなって残念ではある。



無口クールキャラなクラウドばかり見すぎた人がFF7のクラウドを見た感想がこちら

これはもう、FF7をプレイしてないのにクラウドを知ってる人が多いという事かな…。
今、プレステの原作をプレイさせるにはムリがあるから、
リメイク版はやく出してー!
…余計なシナリオの改変が無ければよいのだけど。
でもせっかくリメイクするならFF7ACの内容くらいは入れて欲しかったり。



美しい映像とアートが印象的なアクションアドベンチャー「GRIS」

steamのウィッシュリストが増えていく…




相変わらずアレコレとNetflixで見てる。
たのしい。

2011年「宇宙に隠された暗号」

ドキュメンタリー系にハマる。
様々な視点から偶然ではない何かを探る。
こういうの好き。



2018年「未知の科学」

様々な分野の最先端にいる科学者たちなど、9人によるドキュメンタリー。
1人目が2人目に会いに行き、お互いの知識の融合をさせ、
お次は2人目が3人目に会いに行き…と、リレー形式で9人を繋ぐ。
畑違いの学者同士だけど、会話が成り立つとは…
天才は違うな。
これは面白いと思う。



2017年「フリーメイソン −世界的秘密結社の謎に迫る−」

陰謀論などで真っ先に名前の挙がるフリーメイソン。
僕も好きで興味を持っている。
秘密主義なのが魅力だが、このドキュメンタリーではかなり内部を写しているのでは?
若い世代の獲得の為に大学まで勧誘しにいっているとは。
怪しさはあまりなさそうでちょっと残念。
僕も入れるなら入りたいけど、お金が無いとムリそうね…



2011年「スティーブ・ジョブズ 自由の精神」

自伝映画とはまた違い、関連の深い人物のインタビューからジョブズ像を描く。
有名なエピソードは抑えてあるので、
映画も合わせて観れば、ジョブズがどのような人物だったのか浮かんでくる。
iPhone3Gの時代から僕もジョブズにお世話になっていたので、
亡くなった時は僕も悲しかった…。
今も存命なら、Appleはどうなっていただろう?



2018年「世界の摩訶不思議な家」

もう、このドキュメンタリーは最っ高に面白かった!
世界の信じられないような家がたくさん紹介されている!
住みたい!と思えるような家ばかり!
最終話の舞台はまさかの日本。
日本にもすごい家があったのねー。
ただ、住人のインタビューが海外の方々と比べるとただの一般人感が出てしまって悲しかった(笑
グーグルアースの航空写真とかで紹介された家を見つけてみたい〜。



2016年「アメリカン・エクスペリエンス: テスラ −電気の魔術師−」

交流送電システムでエジソンをも超えたテスラ…
孤高の天才すぎて、常人には理解できず。
精神に異常をきたしていく…
悲しい天才がどのような人物だったのか知る事ができた。
テスラが描いた夢絵空事は、時を超え、現在実現している事を考えると、
やはりテスラの精神は間違っては無かったのだね。



2015年「アインシュタインの思考実験」

天才過ぎてパンピーには何にも伝わってこない(笑
僕の大好きな名画「インタステラー」でも重要な要素である重力と時間。
インターステラーの特典映像ディスクでも分かりやすく解説されていたけど、
理屈は分かっても脳みそが付いていかない。
今も日夜永遠の命題について研究がなされている。
今再び、アインシュタイン



2018年「世界の"現実"旅行」

ダークツーリズム。
「世界の摩訶不思議な家」に次いで面白い番組だ。
世界の様々な超危険な町へ行き、現地の人たちとコンタクトを取っていくジャーナリスト。
Netflix独占配信のこの番組、テレビでは到底流せないような内容も…
違法移民の国境越え体験ツアーという、とんでもないツアーに参加するエピソードが衝撃。
リアルすぎて参加者は全員疲弊して参加した事を後悔するレベル(笑
本物の銃も使われてるんじゃないかな…。
ツアー主催側は、実際にこんな危険なんだからやめとけ、というのを体で知ってもらうためにやってるとか。

日本にも訪れ、日本のテレビですら映されない現在の福島へ。
安全と謳われていた放射線濃度の50倍以上となりさすがに引き返す事に。
ムチャをして警察に怒られるシーンも。
ジャーナリズムとはこういうものかと少し分かったような気がする。
他にも富士の樹海や軍艦島と、まさに日本らしいダークツーリズム目白押し。

カンボジアではお金を払えば銃が撃てる。
マシンガンでもロケット弾でも。
更にお金を払えば動物をも撃ち殺す事ができるという噂があるが…?
ネットで動画を漁っても真実は分からず実際に注文するジャーナリスト。
実際には、噂は真実だった。
銃を構えるが撃てず。
しかし、当然かのように家畜を連れてくるシーンを見るに、やってる人もいるのだろう。

軍事的に入っちゃ本気でヤバい所にも果敢に挑むジャーナリスト…
理解不能な宗教やショーなどなど。
もう、ムチャクチャだけど興味深いレポートばかり。
ドギツイのも色々あったけど、
世界にはこんな場所があるのか〜と気楽に見るだけでも面白かった。


12/16

映画「ドラゴンボール超 ブロリー」を観にいった。
一人だったので贅沢にIMAX。
しかもエグゼクティブシート。

ブロリーと言えば、皆遊んでいたスーファミのゲーム「スーパー武闘伝2」で知ってるくらいで、
実は、アニメ(旧劇場版に登場)で見ていなかったのだ。

今回のブロリーの映画の為に、旧劇場版を見たのだけど…
ちょっと、コレ、酷くない!?
誰が何をやっても効かないブロリーを相手に、ベジータは震えるだけだし。
結局、何かよく分からないパンチ一発で倒して終わりという。
何でブロリーが人気なのかサッパリ分からず。

なので、大した期待もせずに今回のブロリーを観にいったわけで。
結果、それがよかった。
旧劇場版は無かった事にして、リニューアル。

ブロリーという人物を掘り下げる為に、41年前の惑星ベジータ消滅前から物語りは始まる。

惑星ベジータ消滅と言えば、テレビスペシャル
「たったひとりの最終決戦?フリーザに挑んだZ戦士 孫悟空の父」
で詳細が描かれていて、人気が非常に高い。
僕も幼き日にこの番組を見て衝撃を受けた。
バーダックが好きなのもこのエピソードのおかげ。

だが…
このバーダックのエピソードは、今回の劇場版によって無かった事に。
あー、これは残念。
悟空の母、ギネが登場し、悟空が地球に飛ばされる辺りもしっかり描かれているのは良かった。
ラディッツの髪型はギネを受け継いでたのね。
この辺りは2014年、鳥山先生による「DRAGONBALL- 放たれた運命の子供」という漫画が元に。
読んでなかったからアニメで見れて嬉しい。
スカウターの誕生などは興味深い。
ギニュー特戦隊もフリーザと共に行動している姿が見られる。
ギニューの姿はずっとチェンジしていなかったのか変わっていなかった。

ともかく、この過去の話が良くできていたおかげで、ブロリーにもようやく深みが出た。

今作は鳥山先生もガッツリ制作に関わっているので、
鳥山先生らしいギャグノリもありつつ、
アニメならではのバトルシーンがいっぱい。

あれ…?
面白い…
涙出そうになるし、
バトルシーンでは体が震えたりも。

幼少の頃からドラゴンボールに触れて成長してきたわけだけど、
ドラゴンボール超のTVアニメはもう惰性で見るのもしんどいくらいの内容だったりして
(未来トランクスのストーリーだけはめちゃんこアツかったけど)
ドラゴンボールも終わりだなーと思っている今、
こんなすごい物を出してくるとは。

毎回ヒマつぶしに惰性で観てた新劇場版だけど、
これは本当に観てよかったと思った。

原因の一つは、確実にIMAXで観た事。
超巨大スクリーンで、縦に画面が広い(1.44:1)IMAXでは映像の迫力が違う。
更に、エグゼクティブシート。
座席を少しリクライニングさせる事ができるので、画面の上の方も観易かった。

映画なんて人生に行く回数は大して多くない。
なら、その少ない回数を、最高の環境で観ておきたい。
多少高くても、体験と思えば…まぁ…
やっぱ高いけど(笑

劇場を出る時、
小さい子供がブロリーの叫び声をマネてたり、
エンディングテーマを口ずさんでいたり…
客層はオッサンだけでなく、親子も多かった。
良質なドラゴンボールをしっかり見て育って欲しいなあ。


せっかく映画観に万博公園に行ったなら…
ガンダムスクエアも見ておこう。



新コンバージのクロスボーンガンダムが売ってた!
よかったー!
X-2の方が残り数少なかった。
危ない危ない。



クロスボーンガンダムX-1
左が新、右が旧コンバージ。
うーん、どちらも良い所がある。
頭部は旧、
その他は新が良い感じ?



X-2も同時発売。
こちらも同様に、頭部は旧、体は新。
武器は旧のランサーの方が好み。
どちらも新だと胸のクロスボーンバンガードの紋章が無い。

そろそろプレミアムバンダイからX-3とフルクロスが届くはず…
めちゃんこ楽しみ。
僕は本当にF91〜クロスボーンが好きなのだ。


夕飯は大起水産回転寿司へ行こうと思ったのだけど…
一人で回転寿司は僕にはハードルが高かった。
一人サンリオピューロランドに行った僕でもムリ(笑

J.S. BURGERS CAFEで豪遊。



…。
美味しいんだけど高いんだよね。
正直、お寿司の方が安かった(笑



ダークチェリーソーダにチェリーの実がいくつか入っているのが最高に好き。
きちゃない写真だけど、種を抜かれて入っているのでデフォでこの状態。
ソーダが甘すぎないので、絶妙なんだよねえ。



ぼっちだったけど、なんだか楽しかった。




おうちでおでんパーリナイ。
みーちゃんこだわりの配置。
ダイコンと餅は離さないといけないとか、
味を滲みさせる為に計算されてるとか。




注文したのいつだっけ…?
というくらい経ってようやくドイツから輸入されてきた棚が来たー!
KAREは心躍るデザインがいっぱい!

クラッシュゲートも大好きだし、家具をたまには新調したいなあ。
問題はクラッシュゲートは我が家に合わせづらい…。



みーちゃんからサプライズプレゼントもらった!
ムーミンのフィギュアカレンダー?とでも言えば良いのかな。

12月1日から24日まで、
箱の小窓から一日ずつフィギュアを取り出していくクリスマスグッズ。



どの日にどのフィギュアが出てくるのかなー?



箱の背面にはドールハウスっぽいギミックがついている。
ここに飾っていくのだー!

もう16日だけど、1日のを開封。
なんだこれは…
IH対応キッチンかな?
1階に置こう。

開けていくのは1日1個!
開け終わるのクリスマス過ぎちゃうけど…!
ワクワク。


12/10

先日手に入れたロッキンジェリービーンのタオル。



どうにかして飾りたくて、縦にしてつるしてみた。
最高。



実家からみーちゃんへのプレゼントが突然届いた。
ムーミンの加湿器。
機械ではなく、水を入れておくと蒸発して加湿してくれるやつ。

せっかくのキッチンカウンターも、我が家では小物置き。



難波パークス。
かわいいシナモンの移動販売カー。
こんだけ可愛いのに…
中のスタッフが普通の服を着たオジサンで、スマホをいじっていたという。
世界観…



久々のアメ村。
やはりカオスな街よ。
なんかフロントがビョンビョン跳ねそうな車。
こんな目立つ車が何台もズラーっと並んでいて人目を惹いていた。



かつてレゴショップだった場所はタピオカドリンク屋さんに。
いかにも韓国ぽい。



ドリンクはさほど甘くないけど、タピオカの粒が甘い!
うまい。



ビッグステップにインベーダーのゲームが。
探偵ナイトスクープにもこの場所が出てた。
まだ設置してあったのね。



僕の欲しいポンの筐体もあった…。
欲しい。



ビッグステップ地下にあるサンドイッチ屋さんがまさかの16時閉店・・・
食べられなくてショックだったので、この日記に度々登場するルークスのロブスターロールを食べる。
好き。
移転していてビックリした…
無くなっちゃったかと思ったけど、少し離れた場所にあった。
20時過ぎの時間でも大人気な様子。



ロブスターロール最高!
しっかりとドブ臭いぜー!
たまらん。
もう少し安かったら2個食べるんだけどなあ。



TERA日記。

TERAは相変わらずというか…過疎い。やる事が無い。
最上級難易度のダンジョンが追加されても、チャレンジする事すらパンピーにはムリ。



最上位の装備「賢神霆(けんじんてい)」装備まで強化。
ここまでくると赤いキラキラエフェクトが付く。
目立つ。



名は体を表さ・・・ない!
ピンクやん!



頭アクセサリーのタコラーメン。
最高に好き。
頭アクセは位置や大きさや角度をある程度いじる事ができる。



タコの頭を口枷みたいにしてみたり。



頭からタコだけ生やしたり。
もうちょっと融通が利いたら良いんだけど。
中々良い位置に動かせない…



野良でPTを組んだら、同じアバターを着ていたので記念撮影…
しようと思ったら目の前に肌色の変態マスクを付けたオッサンが…
邪魔ー!



強制的に下着姿にするお遊びアイテムを食らったミヤカとロノアん。
まさかのろのあん、最上位のインナーを装備してた!



頭に出刃包丁が貫通しているアヒルみたいなパンダ。
なんじゃこりゃ…



謎のファッションセンスが光るさくやさん。
とても同じアバターを着ているようには見えない…



ずーっと欲しいと言っていたアルパカをゲットしてご機嫌のろのあん。
このアルパカ、何故か飛べる。
シュールすぎるせいか非常に人気が無い。



何故か古いダンジョンでバグが発生しまくり。
海賊船の中にワープした…
えー。



謎のアイテム。
えのきだけ?(笑
名前が無い。
使用すると、これまた名前の無い箱らしきアイテムと交換できる。
ただし、えのきを206個集めないといけない。
206個というのもハンパで中々あり得ない設定。

結局なんだったのか不明。



なんだコレ…
足がどうなってるの?



こういう足バグ好き。
昔3DCGの授業で設定がおかしくなってこんなんなったよね。



恥ずかしそうに自分でスカートをめくるミヤカ。



クリスマスアバターをもらった!
初期の頃のだけど、持ってなかったので嬉しい〜。



なんじゃこの人は。
頭アクセサリーのカスタムが可能になってから、イロモノプレイヤーの力作が見れて楽しい(笑



キャスタニック女子もあまり見ることがなくなった。
レア。
思わずじーっと見つめるミヤカ。



ハロウィーンの日はハロウィーンっぽく仮装。



きーるさんのギルドの新人さん。
リアル姉妹でプレイしていてほほえましい。



姉妹はどちらもくノ一。
変化の術でミヤカにバケる。



肥大化するきーるさん。
乗り物のブタがもはや乗り物ではない。



イルカの町に常にたたずんでいるというプレイヤー。
「悪鬼兵」というには…随分と可愛い見た目。
何故、ここにずっと鎮座しているのか不明。
一人のプレイヤーが3台のパソコンをつけているのだろうか。
謎。



新たなストーリーが展開される。
シャンドラ・マナイアを思い出すラスボス感のある道中。
空を飛ぶ乗り物でしか進むことはできない。



中に入ると、まさしくラスボス!
難易度もハンパない…というか2回全滅した所で「絶対ムリ」となって離脱(笑
クリアする日は来なさそう。


12/3

劇場公開となった「機動戦士ガンダムNT」を早速見に行った。
いつもガンダムを一緒に見ている、いそろく君とソニアさん。
そしてそれぞれの家族を連れて計6人で映画館へ。
6人で映画館行くなんて初めてだよ。

ガンダムUCの続編であり、外伝的なお話。
UCはとても面白く、恐らく、僕が一番繰り返し何度も見たガンダム作品。
それだけに期待が高まるが…

なんじゃこりゃ。

まず、ネタバレに関係ない所では、作画レベルが低い。
UCと比べるまでもなく、深夜アニメレベル。
劇場版でこれは…。
UCに登場した人物も出てくるのだけど、絵が酷すぎて顔が違う。

ネタバレ内容についてはもういいや…
書くだけアホらしい。

確かに、アツいシーンはあったけど、
そういうのを全て吹き飛ばす勢いのダメっぷりだった。

エンドロール後に流れる劇場版「閃光のハサウェイ」の数分の映像の方が素晴らしかった。



Netflixを契約してからというもの、
気軽に映画をホイホイ見れて非常に楽しい。
気になってたんだよね〜って映画を探したりするのもネットなら簡単だしね。


2016年映画「少女椿」

サブカル好き向け全開。
色々と残念な点が多かったけど
あの作品を実写で結構頑張ったのではないかな。
ロケーションは仕方ないのかも知れないが…ひどい。
原作ファンにはオススメできない…となると、誰にオススメすれば良いのか。
唐突に黒色すみれのお二人も出てくる。



2016年映画「ヘッド・ショット」
2018年映画「シャドー・オブ・ナイト」

2作共、インドネシア作品。
あまり縁が無かったのでどういった作風なんだろう?と思ったけど、
ゴリッゴリのアクション。
しかも格闘や武具を用いたアクションは一級品。
めちゃくちゃカッコ良い。
残虐表現もエグい。
ヘッド・ショットの方がシンプルで好き。
シャドー・オブ・ナイトはアクション激しすぎて、見ててこっちまで痛くなってくる(笑



2017年TVアニメ「輪るピングドラム」

ようやく見ることが出来た…。
以前、ウテナ展で幾原邦彦監督にサインをもらう機会があったのだけど、
ウテナしか見てなくて、申し訳ないなーと思って引きずっていたのだ。
ずっと買ってたファッション誌のKERAで連載していた「ノケモノと花嫁」も途中で読むのやめちゃってたし。
というワケで、ユリ熊嵐はちゃんと見てたのだけど。

相変わらずのノリと展開で安心。
主人公がジャイアンの声優さんでビックリ。
意外とこういう役もハマる!
カヲル君の声優として馴染み深い石田彰さんにえらい事しゃべらせたり。
ヒロインの喋り方がアニメっぽくなくて、それが逆に非常に良い。
ウテナもウテナの声が独特で、それが「王子を演じている」感があってとても良かったのだけど、
そういう絶妙なキャストも幾原監督作品の魅力なのかも知れない。



2009年映画「珍遊記 〜太郎とゆかいな仲間たち〜」

こんなんやってたの?
小学生の頃はゲラゲラ笑ってたけど、大人が見るにはキツい(笑
でも当時流行ったなぁ。



2016年映画「ネオン・デーモン」

モデルを目指す田舎の女の子がのし上がって行くが、
当然、嫉妬ドロドロの展開に。
とにかくビジュアルイメージが鮮烈。
衝撃展開というかもう、何が起ころうが一般人の僕はただただ見て受け入れるしかなかった。



2017年映画「ジオストーム」

レンタル店で見かけて気になってた映画。
気象を操る宇宙ステーションに不具合が起こって地球がメチャクチャになる。
これまたあり得ない超現象に笑うしかないけど、そんなの関係ない。
エンタメとして割り切って見れば十分に面白い。



2017年映画「ワンダーウーマン」

面白いというのは知っていたので、安心して観れた。
ガンダムNTがダメでションボリしていたので、確実に面白いものを!と思って観た映画。
うん、面白い。



2016年映画「聲の形」

耳が聞こえない女の子がいじめられる。
これだけ聞くと陰惨な映画に聞こえるかも知れないけど、上手く物語りに組み込まれている。
以前、1話の読み切りとして雑誌に掲載された時、
ネット上でものすごい話題になったのでタイトルくらいは見たことある人も多いのでは。

その読み切り作品があまりに良かったので、
連載漫画化、そして長編映画として楽しめるのか不安で、
今まで観ずにいたんだけど…
なるほど。
1本の映画として観て十分楽しめる(苦しめる)物となっている。

中高生向きの印象だけど、大人にも十分に響く。
コレ、中学校の道徳の授業とかで流してみるのも良いかもね。
ちょっとキツい物があるかも知れないが、
昔の小学生は圧倒的トラウマ作品「はだしのゲン」とか見させられてたらしいし、
ソレと比べたら大丈夫なはず(笑



1979年映画「銀河鉄道999」

僕が生まれるよりも昔の映画。
記憶が定かではないが、小学生くらいの頃、夕方にテレビで放映されていた?
それを見て、泣いた記憶がある。
何か作品を見て泣いた、という最初の記憶。

改めて見てみたけど…
そんな子供が泣くようなシーンは無いような…
うーん、お母さんがらみのシーンかなあ。
思い出せない。

やはり、名作として名高い同作。
展開は単純だけど、世界観は素晴らしいの一言。


いいね。
Netflix。
新しい聖闘士星矢もNetflix独占で配信するらしいし、期待。



【特別対談】 スクエニ×SNKがまさかの格闘ゲームで実現!【琢磨尚文氏・小田泰之氏】 ゴジライン

ハイスコアガール問題ではハラハラしたけど、無事に和解。
こうやってコラボできるという事はもう心配なさそうで安心。

1995年に生まれたキャラクターだけど、意外と今のゲームにも馴染んでいる?



老舗“ゲーミングチェア”「お手軽に組み立てられる」は本当なのか,男色ディーノが組み立てヒヒョー

僕が普段PCデスクに使っているやつ。
10脚以上、様々なメーカーのゲーミングチェアを座り比べて選んだのがコレ。
選んだポイントは足がむくまないという点。
結構じっくり座り込んで選んだので間違いない。

問題は…
デザインが部屋に絶望的に合わないのと、
座り心地が良すぎて居眠りしてしまう点(笑

ゲーミングチェア、高いと思いがちだけど、オフィスチェアの方が格段に高いからね。
当然、オフィスチェアも色々と見てきたけど、良いなと思うのは10万〜。
ゲーミングチェアなら5万あれば良いの買えるからね。



自室に夢のアーケード筐体を! ARCADE1UPの秘話を日本展開の仕掛け人が語る

情報解禁と同時にみーちゃんに許可を求めたら即却下されて哀しみを背負った。
欲しい・・・。



ガンダム初心者は何から観るべき?⇒ガンダムマニアが激論の末にたどり着いた結論がこちらw

これは分かりやすい。
ガンダムオタクは自分でちゃんと自分がめんどくさいという事を自覚しているので、
「ガンダム興味あるけど何から見ればよい?」
と聞いたなら、話が長くなる事は覚悟しておこう(笑

僕は
ファースト劇場版3作
劇場版 逆襲のシャア
OVA ガンダムUC
の順かな。
後は自由で。


*過去の日記*

2003年 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2004年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2005年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2006年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2007年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2008年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2009年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2010年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2011年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2012年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2013年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2014年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2015年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2016年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2017年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
2018年 1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月

古い日記は削除されている場合があります。


1